水素による速攻効果を実体験。
「ヘッドスパ」×「水素吸入」の特色

空気より軽い気体である水素。

近年その水素の健康や美容への効果に、様々な関連商品の開発が進められてきました。皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

しかし、水素についてネット上で調べても、健康や身体にどのような影響があるのか確証に至るデータを見つけることは困難を極めます。

今回はカリーナギンザでご提供している水素吸入の特徴と、実際に水素による身体の変化を体験した体験談をご紹介いたします。

美髪づくりは細胞レベルから!
覚えておきたいミトコンドリアとテロメアのお話

「ミトコンドリア」と「テロメア」。何やら難しそうな単語ですが、中学校などの生物の授業で耳にした覚えがある方もいらっしゃると思います。

実はこのミトコンドリアとテロメア、頭皮や毛髪とも密接な関わりがあるのです。

今回は細胞や染色体などミクロのレベルから、健康で美しい毛髪づくりのヒントをお伝えします。

白髪が増える3つの原因、黒髪に戻る確率は ● 割…!
今すぐ知っておきたい白髪のこと

性別を問わず、加齢により徐々に増えてくる白髪。誰にでも起こることとはいえ、ヘアセット中に白髪を見つけたり誰かに指摘されたりすると、一気に気分が下がりますよね。

白髪染めなどカラーリングで色を戻すことはできますが、できれば根本的な解決をしたいというのが本音ではないでしょうか?

白髪の発生するメカニズムを知り最適なケアをすることで、白髪の生えにくい状態を保つことが可能になります。

その薄毛、AGAかも!?
男性型脱毛症を止めたいなら知っておくべき6つのこと!

最近「AGA」という言葉を電車内の広告やTVコマーシャルなどでよく目にしませんか?

薄毛や抜け毛に悩む男性に広く認知され始めているAGAですが、具体的にどういった薄毛の状態を指すのか、知らない方もまだ多いはずです。

AGAの原因や発生のメカニズム、治療法を知っておくことで、薄毛の進行を遅らせることは可能です。

薄くなってきた分け目、髪のボリューム減…何が原因?
細毛や薄毛、抜け毛の最適なケア方法とは

「最近、頭頂部や髪の分け目が気になる…」「年齢を重ねて髪のボリュームが減ってきた」など、加齢に伴う髪質や毛量の変化に戸惑っていませんか?

お肌のエイジングケアに関する情報は巷に溢れていますが、髪のことはあまりご存知ない方も多いのではないでしょうか。
細毛、薄毛、抜け毛の原因とメカニズムを知り、最適な方法でケアしていきましょう。

加齢臭よりも強烈なミドル脂臭!その原因やメカニズムは?

40~50代になると「加齢臭」が気になってくる人も多いのではないでしょうか。

しかし加齢臭よりも早い段階で、「ミドル脂臭」というものが発生する可能性があることをご存知ですか?ミドル脂臭はなんと、早い人で20~30代から発生してしまう可能性もあります。また、女性も40歳前後になって女性ホルモンの分泌が少なくなると、ミドル脂臭が発生することもあります。

髪老化と女性ホルモンの関係は?30代後半からは髪の劣化にも要注意!

年を重ねるごとに髪の毛にハリやツヤがなくなったり、ボリュームがダウンしたり、白髪が増えたり…。

加齢に伴い、髪の毛の悩みは増えてくるものです。それは男性に限らず、女性でも同じ。特に女性の場合は、女性ホルモンの分泌量が低下し始める30代後半になると髪の老化が急速に進行すると言われているので要注意です。

女性にも発生する加齢臭! 原因を知れば予防できるって本当?

中年になると気になってくる加齢臭。
加齢臭が漂うと第一印象が大幅にダウンしてしまうので、できるだけ周囲に気付かれないようにケアしたいものです。加齢臭は男性のものというイメージが強いですが、女性でも発生するので油断はできません。

「ある程度の年齢になったら誰でも加齢臭は発生してしまうもの」と、あきらめることはありません。加齢臭はきちんと原因を知ったうえで対策をとれば、軽減させることができるのです。

遺伝?体質?白髪になりやすい人の特徴とは

髪の毛の中に白髪が一本でもあると、とても老けた印象になってしまいますよね。

白髪が生えたら「抜く」「染める」などの対策方法がありますが、一時的に解決はしても、また次々と白髪が生えてきては意味がありません。まずは、白髪が生えにくい頭皮環境に改善することが大切です。

白髪を「年齢のせいだから」「遺伝や体質だから」とあきらめる必要はありません。きちんと原因や対策を知っておけば、改善できる可能性もあるのです。

血流の悪さを放置するとさまざまな病気に発展?肩こり・冷え性は病気の危険サイン!

世の中の多くの人々を悩ませる肩こりや冷え性。

「もともとの体質だから仕方がない…」とあきらめて放置しておくのは危険です。肩こりや冷え性は、慢性的な頭痛や肥満など、さまざまな症状につながる可能性もあるのです。

悪化させて健康を害することがないように、肩こりや冷えを一日も早く改善することが病気の予防につながります。