2016/08/22 | BLOG

知っておきたい頭の筋膜、顔のたるみまで影響します!?

「最近、顔のたるみが気になる」というかた、「美容室で頭皮が硬いですね!」と、よく言われるかた、年だから・・なんて思っていませんか?
頭部の構造を理解できれば解消できます。”リフトアップマッサージ”を今日から始めませんか!

 

頭部の帽状腱膜って一体なに・・?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-11-36-31

 

頭部には帽状腱膜という筋膜があります。これは皮下組織と頭蓋骨の間にある皮膚側の線維状組織です。(帽状腱膜には筋肉が存在しません
皮膚と頭蓋骨の境界線というところですね。
そして帽状腱膜は
それぞれ独立した前頭筋、側頭筋、後頭筋とつながり合っています。

 

 

帽状腱膜がたるむと・・どうなるの?

この帽状腱膜がたるんでくると男女ともに額のシワから変化が始まり、目尻のシワ、ほうれい線、あごラインのたるみ、といった順で顔にしわやたるみが増えてきます。

また、前頭筋の緊張が続くと頭痛、側頭筋の緊張が続くと目の疲れやかすみ、後頭筋の緊張が続くと首の凝りなど、様々な不調を引き起こします。

また帽状腱膜が頭蓋骨に貼り付いてしまうと・・?

頭皮が硬くなります。
そのうえ血流が悪くなり毛母細胞に酸素と栄養が行き渡らず抜け毛が始まります。

毎日マッサージを30秒秒するだけで顔のたるみや抜け毛を予防できます!

頭皮は筋肉部分も、帽状腱膜もどちらも固くならないように、常に柔らかくほぐすことがとても大切です。首から上の皮膚は3分の1が顔、残り3分の2が頭皮とされていますので、頭皮がたるむと見た目にも大きく変化が出てしまいます。

 シャンプー時にマッサージを30秒するだけでだけで帽状腱膜の貼り付きを予防できます。毎日の習慣として続けていただくことが大切です。

 あごラインの延長線上にある、頭頂部から少し下がったポイント(概ねつむじの位置になることが多い)に向かって頭皮を引き上げるように、クルクルと回しながらマッサージをしてあげると効果的です。
マッサージもやってみたけどイマイチよくわからない。
夏の自分の肌に合わせた頭皮ケアを知りたい!
というかたは、お気軽に私たちスパニストにご相談ください。

 サロンではリラックスして施術を受けていただきながら、お客様にあったホームケアのアドバイスをご案内しております。

%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%80%80%e7%bd%ae%e3%81%8d%e6%92%ae%e3%82%8a%ef%bc%88%e8%bb%bd%ef%bc%89

当サロンが監修しました「リキャップ・プロ」も帽状腱膜と頭蓋骨の貼り付きを予防します。ぜひサロンで使用感をお試しください。