加齢臭よりも強烈なミドル脂臭!
その原因やメカニズムは?

40~50代になると「加齢臭」が気になってくる人も多いのではないでしょうか。
しかし加齢臭よりも早い段階で、「ミドル脂臭」というものが発生する可能性があることをご存知ですか?ミドル脂臭はなんと、早い人で20~30代から発生してしまう可能性もあります。また、女性も40歳前後になって女性ホルモンの分泌が少なくなると、ミドル脂臭が発生することもあります。

ミドル脂臭と加齢臭の違いは?

加齢臭とミドル脂臭は、発生する原因やメカニズムが異なります。

加齢臭の原因となっているのは「ノネナール」という物質です。ノネナールは、私たちの体から発生する臭いをより強烈に、そしてより不快なものにする性質があります。ノネナールを発生させるのは、毛穴から分泌される皮脂に含まれる脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)と過酸化脂質です。
9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって酸化されることで、ノネナールが生成されます。9-ヘキサデセン酸と過酸化脂質は、年齢を重ねるごと増加する傾向があります。

それに対して、ミドル脂臭は「ジアセチル」という物質が原因になって発生します。

ジアセチルが発生する原因は?

ジアセチルは皮膚の上にある「ブドウ球菌」が、私たちの汗に含まれている「乳酸」を取り込み代謝・分解されることによって発生すると言われています。

ジアセチルは古い油のような不快な臭いで、加齢臭の原因であるノネナールよりも臭いが強く、空気中に拡散しやすいという特徴があります。なんとジアセチルは、酢の主成分である「酢酸」の1/100というわずかな量でもその臭いを感じるそうです。つまりしっかり予防をしないと、ミドル脂臭は加齢臭以上に厄介な存在であるというわけです。

ミドル脂臭の発生をセーブする方法は?

ミドル脂臭の元となるジアセチルが生成される原因は「ブドウ球菌」や「乳酸」です。ですから、ミドル脂臭を予防するには、ブドウ球菌や乳酸の発生をセーブすることが必要です。

糖分や脂質の多い食事を摂取していると、血行や代謝が低下して皮脂が過剰に分泌されるようになります。過剰に分泌された皮脂は、ブドウ球菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。また、血行が悪いと血中の酸素濃度が低下して乳酸が発生しやすくなるため、ますますミドル脂臭が発生しやすい環境になります。偏った食事だけでなく、アルコールやタバコの摂取も血行や代謝能力の低下につながります。
野菜中心のバランスの良い食生活を心がけ、アルコールやタバコの過剰な摂取も控えるようにしましょう。

3つの臭いが混ざり合う40代は要注意

私たちの体から発生する臭いは、大きく「汗臭」「加齢臭」「ミドル脂臭」の3臭に分類され、それぞれ発生する場所や年代が異なります。「汗臭」は特に汗の分泌が多い脇の下から生じる臭いで、10代半ばから50代以降まで幅広い年代の男女に発生します。「加齢臭」は背中から生じる臭いで、40~50代以降の男女に多く発生します。そして「ミドル脂臭」は首や後頭部から生じる臭いで、30代半ばから50代半ばの男女に多く発生します。

図を見ると分かるように、40代は「汗臭」「加齢臭」「ミドル脂臭」の3臭が混ざり合う時期です。しかもミドル脂臭と加齢臭がどちらも多く発生するため、臭いには細心の注意を払うべき世代でもあるのです。この世代の男女は仕事でもプライベートでも、多くの人と接する機会のあるアクティブな時期です。髪の毛や服装など身だしなみに気を配るのと同様に、体の臭いにも十分に配慮しましょう。

頭皮の皮脂分泌が過剰な人は、空気や紫外線に触れた皮脂が酸化することで独特の臭いを発します。この臭いとミドル脂臭が一緒になると、さらに強い臭いとなって不快感が増します。

ヘッドケアで頭皮の過剰な皮脂を取り除くことができれば、こういった臭いを改善することもできます。

おすすめのコース

「ウォーター・ジェット・ピーリング」 トライアルコース
頭皮のべたつきや皮脂汚れを除去して、ミドル脂臭を短時間で解消するライトなコースです。
デオドラントケアコース
ウォータージェットピーリングでミドル脂臭を除去。頭皮の保湿もできる75分コースです。