2017/07/23 | BLOG

赤色頭皮は血行不良のサイン。リキャップケアがおすすめ!

美容室などで「頭皮が赤い」と、言われた経験はございませんか
頭皮が赤くなるのは血行不良、または何らかの炎症が考えられます



私たちは頭皮診断をする際に、頭皮の色で健康状態を見極めます。

本来、健康な頭皮は青白い色をしています。水分バランスも良好でトラブルのない状態です。

黄色い頭皮は、皮脂の酸化やむくみ、日焼け、食生活の乱れなどによるものです。

赤色頭皮は、血行不良や炎症(吹き出物、キズ、日焼け、アレルギー)、睡眠不足によるものです。

《血行不良》

《吹き出物》


当サロンのお客様で一番多いトラブルは「血行不良による赤色頭皮」です。

血行不良は慢性化すると「脳疲労」や「抜け毛」「細毛」「白髪」などのトラブルにつながるのです。

頭皮をマッサージすることで、全身の血行が良くなり、脳に多量の酸素と栄養を運んでくれます。そして毛母細胞も活性化されるため元気で丈夫な黒髪を育てるのです。

健康で美しい人生を送るためにも、頭皮ケアはぜひ日常的に取り入れていただきたいもの。一か月に一度のヘッドスパで、今後の何十年間の人生が変わるかもしれません。

未来のあなたを若々しく輝かせる、プロフェッショナルなヘッドケアをぜひ体験してください。


そしてデイリーケアには「リキャップ・プロ」がおすすめです。

「ながらケア」ができ、簡単に血流促進ができるリキャップ・プロはお客様に大変好評です。

ぜひ、お手にとってその使用感をご体験ください。